デジタルハリウッド

IT関連・デジタルコンテンツの人材育成スクール、大学、大学院を運営するデジタルハリウッド(通称デジハリ)。卒業生の実績はなんと9万人!社会人やフリーター、大学生などを対象としてWebデザイン・3DCG・CG・映像・グラフィックなどのプロを養成しています。ここではデジハリの魅力をご紹介していきます。

デジタルハリウッド

学費例 【専門スクール】
例)Webデザイナー専攻(6ヶ月):450,000円(税込:495,000円)

【大学(4年間)】
1年次:1,590,000円
2年次以降:1,340,000円

【大学院】
1年制の場合:1,668,000円
2年制の場合:2,736,000円(2年間合計)

※その他、別途費用がかかる場合がありますので、詳細は公式HPよりご確認ください。
住所 東京都千代田区神田駿河台4-6御茶ノ水ソラシティアカデミア4Fデジタルハリウッド東京本校
電話 0120-386-810
HP https://www.dhw.co.jp/

デジタルハリウッド特色

デジハリの特色

【専門スクール】
▶日本発の産学共同型実践的クリエイター養成スクール
▶好きなスタイルを好きなときに選んで学習できる
▶シッターサービスで小さなお子様がいても安心して学べる

【大学】
▶ITビジネス、クリエイティブ、英語・留学を総合的に学べる四年制大学
▶1学部1学科を設置することにより学ぶ領域が限定されない
▶圧倒的な業界ネットワークの強さで就職率91.7%

【大学院】
▶デジタルを用いてイノベーションを興す人材を育成する専門職大学院
▶デジタルコンテンツマネジメント修士(専門職)を取得できるのは国内で唯一無二の存在
▶国内大学で11位、私立で2位のトップレベルを誇るベンチャー創出大学

他のWebデザインスクールも見る!

デジタルハリウッド就職サポート

【専門スクール】
▶デジハリの伝統的イベント『クリエイターズオーディション』を実施
▶マッチングサービス『xWORKS』で在校生と仕事をつなぎます
▶企業と連携したインターンシップ

【大学】
▶企業接点や社会で通用するコミュニケーション能力を磨くなどキャリア教育は1年次から
▶各業界にネットワークを持つ教員と就職専任スタッフが一体となって就活をサポート
▶それぞれの進む専門職に合った就職講座と徹底した個別指導

【大学院】
<学生向け>
▶個別キャリアカウンセリングで各業界の最新動向を踏まえた細やかな指導
▶コンテンツ業界に精通した豊富な経験を持つ実務家教員のネットワーク
<社会人向け>
▶平日夜間と土日の授業で仕事をしながらでも通える環境
▶特別奨学生制度で授業料が免除に(その他、奨学金や奨励金なども)

デジタルハリウッド各説明会 2021
(スクール・大学・大学院)

専門スクール、大学、大学院の魅力を余すところなく体験いただけるオープンキャンパスや説明会などのイベントをたくさんご紹介します!

オープンキャンパスや大学説明会など

【専門スクール】

☆クリエイター養成スクールでは『無料スクール説明会』を開催しています☆
現在社会で活躍しているプロの卒業生もみんな、最初の一歩はここから始まりました。カリキュラム、業界・就職などのご相談はもちろん、一人ひとりのお仕事や経験状況に応じ、通い方、学習方法などもアドバイスします!希望者は見学や体験受講もできますよ♪

説明会は、①実際の授業を体験、②学校の施設をご案内、③コースを詳しく解説、という流れとなります。
※詳しく知りたい方は『無料スクール説明会|デジタルハリウッド専門スクール』よりご覧ください。

【デジタルハリウッド大学】

年の瀬オープンキャンパス2021〜DHU現役プロの教員陣による10ミニッツ講義集〜
【開催日時】2021年12月28日(火)19:00〜21:00
オンライン/オフライン(完全予約制)

デジタルハリウッド大学(DHU)では、
12/28(火) 19:00〜21:00、
「年の瀬オープンキャンパス2021」を開催します。

2021年の最後にDHUがお届けするイベント。
テーマは「DHU人気教員陣による体験授業」です。

先生の専門分野をサクッと知ることのできる
10分間のミニ講義を時間の許す限りお届けします。
ちょっと先の未来はどうなるのか?
皆さんの知的好奇心を刺激する、そんな体験授業をお届けします。

DHU初となる年末のオープンキャンパス。
夕食を取りながら、こたつに入りながら、お茶の間や自室から…
フリースタイルでご視聴ください。

◆登壇者紹介◆
福岡 俊弘 教授
 IT、ポップカルチャー、古典芸能を同一目線で語る人

デジタルハリウッド オープンキャンパスについての詳細はこちら

 

秋のオープンキャンパス2021(Web予約/オンライン開催)
【開催日時】2021年10月31日(日)13:00〜15:00
オンライン(完全予約制) ※終了いたしました

今年の秋のオープンキャンパスは、豪華ゲストによるトークセッション(オンライン開催)と、
高1・高2生限定のデジタルツールを用いたワークショップ(オフライン開催)、2つのイベントが同時並行で行われます!
トークセッションのテーマは「OBOGが語るDHUのイイところ」。
コンテンツ業界の最前線で活躍する卒業生たちをお招きし、学生自体の思い出や現在の仕事について伺います。

ワークショップのテーマは近日公開!
将来の進路を考える高1・高2のみなさん限定で、TA(ティーチングアシスタント)の在学生とともに、
チームで1つの作品を作り上げます。

イベントはプレゼントクイズなど、各種企画も。
2022年度の受験料が1万円引きとなる「検定料減免証」も、本イベント限定で配布いたします。

DHUのことをこれから知る方も、DHUのことをもっと知りたい方も、ぜひご視聴・ご参加ください!

デジタルハリウッド オープンキャンパスについての詳細はこちら

 

【新高3年生対象】春のオープンキャンパス2021(Web予約/オンライン開催)
【開催日時】2021年3月28日(日) 13:00~15:30(受付開始 12:30)
オンライン開催 2022年度入試情報初公開!※終了致しました
DHU春のオープンキャンパス2021

デジタルハリウッド大学(DHU)では2021年3月28日(日)、
「春のオープンキャンパス2021」をYouTubeLiveによるライブ中継を開催いたします。

本イベントはいよいよ受験学年を迎える新高校3年生を対象に、
「これからの未来を生きるために必要な学びとは?」をテーマとした大学説明、
2022年度の入試概要が初公開となる入試説明会など、
DHUの今が1日でわかるイベントとなっています。
また受験料が減額される「検定料減免証」の配布も行います。

経済産業省「大学発ベンチャー創出数」(2019年度)では全国11位にランクインし、
「東京国際プロジェクションマッピングアワード」にて3年連続受賞するなど、
先端的なアウトプットを続々と生み出すDHU生たち。

未来をつくるクリエイターや起業家が多数輩出されている本学では
どのような教育が展開されているのか、その中身をお見せいたします。

デジタルハリウッド オープンキャンパスについての詳細はこちら

総合型選抜 面接ポイント講座&大学説明会(Web予約/オンライン開催)
【開催日時】2021年11月7日(日)、12月5日(日) オンライン開催
※当日の12時までに「参加URLおよびパスワード」をご連絡します

◆当日のスケジュール
第一部(13:00~14:00):大学説明会
第二部(14:00~15:00):入試対策&面接ポイント講座

※第二部終了後、質疑応答の時間を設けます。
※ 第一部のみ、第二部のみのご参加もいただけます。

<総合型選抜>面接ポイント講座 & 大学説明会

デジタルハリウッド大学の入試対策および大学説明会をZOOMにてオンライン開催します。

「総合型選抜」の概要を中心に、昨年度からの変更点や面接試験のポイント、
過去の合格者作品集(ポートフォリオ)の紹介など、本学の入試制度を1日で理解できる内容となっております。

当日はチャット欄を使用して質問を受け付けます。
受験生(既卒含む)、非受験生問わずご参加いただけます。

ご家族、ご友人もお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

総合型選抜 面接ポイント講座 &大学説明会についての詳細はこちら

 

一般選抜 対策講座&大学説明会(Web予約/オンライン開催)
【開催日時】2021年11月28日(日)13:00~15:00
※イベント当日の12時までに視聴方法を登録先のメールアドレスにお知らせいたします。

デジタルハリウッド大学(DHU)では11月28日、
2022年2月に実施される一般選抜(A方式、B方式)の
対策講座をオンライン開催します。

一般選抜の日程や概要、受験方法、
国・数・英・理(物理、生物)・社(日本史、世界史)の
各科目の解説はもちろん、
昨年度からの変更点や問題の傾向と対策まで、
筆記試験でDHUへの入学を目指す方に必要な情報をご提供します。

当日はチャット欄を使用して質問を受け付けます。
受験生(既卒含む)、非受験生問わずご参加いただけます。
ご家族、ご友人もお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

第一部(13:00~13:40):大学説明会
第二部(13:50~15:00):一般選抜対策講座

※第二部終了後、質疑応答の時間を設けます。
※ 第一部のみ、第二部のみのご参加もいただけます。

デジタルハリウッド オープンキャンパスについての詳細はこちら

 

外国人留学生のための説明会(Web予約/オンライン開催)
【開催日時】2021年11月19日(金)

オンライン開催【ONLINE/ZOOM】
※イベント当日の12時(JST)までにZOOM URLをメールにてお知らせいたします


外国人留学生のための大学説明会をオンライン開催します!

外国人留学生のための大学説明会をZOOMにてオンライン開催します!
本学では外国人留学生の日本国外選抜の出願受付は2021年8月2日から、日本国内選抜は2021年9月1日から開始します。今回は、大学進学を目指している留学生のために、やさしい日本語で大学紹介及び入試説明を実施致します。本学の入試制度を1日で理解できる内容となっております。
本学は、3DCG/VFX、アニメ、ゲーム・プログラミング、デザインなど、留学生の皆様が関心の強いデジタルコンテンツについて複合的に学ぶことのできる4年制大学です。

“Entertainment. It’s Everything.”を感じてください。
みなさんのご参加をお待ちしています!

デジタルハリウッド オープンキャンパスについての詳細はこちら

【デジタルハリウッド大学院】

☆デジタルハリウッド大学院では下記3つの説明会を実施しています☆
<大学説明会>
クリエイティブとICTで新しいビジネスを生み出すデジタルハリウッド大学院の説明会
例)カリキュラムの要点、新規事業開発・起業・産学連携プロジェクトの実績、入試対策や学費お支払方法など
<個別相談会>
大学院の内容や入学手続きなどを個別形式で説明します。
<留学生相談会>
留学生ならではの気になるポイントについて細かくご説明します。
例)必要な日本語のレベル、ビザの手続き、学費免除など

※詳しく知りたい方は『大学院説明会|デジタルハリウッド大学院』をご覧ください。

他専門学校の体験授業やOPEN CAMPUSも確認してみよう!

デジタルハリウッドコース説明(専門スクール:専科のみ)

Webデザイナー専攻
Webデザイナー専攻
Webデザイナー専攻では、卒業後にWebデザイナーとして独立できるだけのスキルを養いますが、Web業界へ就職・転職したい、コーディングを学びたい、フリーランスで稼ぎたい、副業やお小遣いで稼ぎたい、という方にもおすすめです。

IllustratorやPhotoshop、adobeXD(※)といった最新のソフトの取り扱いはもちろんのこと、プログラミングやWebマーケティング(SEOやGoogleアナリティクスなど)についても学べるのが特徴といえるでしょう。一昔前と違い、現在のWebデザイナーに求められるスキルは多岐に渡ります。Webサイトの役割も目的も複雑になってきていますから、ただデザインだけができるだけのWebデザイナーでは生き残ることは難しいでしょう。企業では一人何役もこなせるWebエキスパートが求められています。
※UX/UIのデザインツール。Webサイトやモバイルアプリなどの”デザイン”、”プロトタイプ”、”共有”などすべての作業をXD1つで行えます。
ネット動画クリエイター専攻
ネット動画クリエイター専攻
ネット動画クリエイター専攻は、ただ動画の作り方を学ぶだけのコースではありません。ネット動画は、テレビともCMとも映画とも性質の違う動画だからです。Webの文脈を踏まえ、Webマーケティングの考え方を基礎から身につけておかなければ、効果的なネット動画を制作することはできないでしょう。そのため、After Effectsなどの動画ソフトの使い方やカメラの技術を学ぶ意外にも、マーケティングやディレクションに関するスキルも習得することが可能です。今後ますます需要の高まる分野ですので期待できますよ。

動画制作会社への就・転職したい、Webデザインに加えて動画制作も受注したい、フリーランスとして活躍したい、会社の広報として動画を使いたい、という方におすすめです。
グラフィックデザイナー専攻
グラフィックデザイナー専攻
グラフィックデザイナー専攻は、あらゆる種類の平面デザインについて学ぶことのできるコースです。スマートフォンの普及に伴い、日常生活では平面グラフィックが活用される場が格段に増えました。アプリのアイコンやUIなど、グラフィックデザイナーの腕が試される場面は数えきれません。だからこそ、他のデザイナーとの差別化を図ることが大切です。

ここでは、ソフト(Illustrator・Photoshop・InDesign)の使い方から色彩設計、タイポグラフィ、レイアウト、フォトデザインスキル、イラストレーション、アプリUIなどのスキルだけでなく、Webサイト・スマートフォンのUIデザインや広告デザイン、ブランディング、メディア活用の手法まで学ぶことができます。広告代理店やデザイン事務所、Web業界に就・転職したい方、一歩先へ行きたいデザイナーにおすすめです。
3DCG分野
3DCG分野
3DCGデザイナー専攻は、Mayaを使用した3DCGの基礎から応用まで、モデリング・アニメーションなどのスキルを習得できるコースです。「デジタルハリウッドといえばCGだ」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。制作現場で求められるスキルに特化したカリキュラムのため、Mayaの習得以外にも映像演出概論や映像表現研究なども学ぶことができ、即戦力として活躍している卒業生も多いです。

また本コースでは、Maya、AfterEffects、Premiere、Illustrator、Photoshopなどの映像教材を見ることができるのも魅力の1つ。より上級者向けのCG/VFX専攻と合わせて学べば、就職の際には大きな武器になることでしょう。経験者でスキルを伸ばしたい方はもちろん、未経験から1年間でCG・映像業界へ就・転職したい方、大学とのWスクールや仕事との両立を考えている方にもおすすめできます。

※コースは『専科』以外にも、『本科』と『最先端を学べるスキルアップ短期講座』がありますので、詳細は公式HPよりご覧ください。

学ぶ環境にも大きな魅力があります。各校舎によっては、入口がカフェのような雰囲気だったり、秘密基地のようなラウンジシェルがあったり、窓際が緑あふれて癒される空間だったりとさまざま。週末にはほぼ満席となっている校舎もありますので、たくさんの仲間と切磋琢磨しながら学べるということも魅力(クラス単位で習得する講座とマンツーマンレッスンで学べる講座があります)。お子様連れの方には、学習中はキッズスペースやベビーシッターも付きますので安心して受講できる環境は嬉しいですね。

デジタルハリウッドでは、将来クリエイターとして働きたいけど「何を選べばいいかわからない」方を対象に『スクール説明会(参加無料)』を受け付けています。コースの違いや特徴など、業界の知識がない方でも分かりやすく比較・検討できるよう解説してくれますので、はじめての方におすすめします。

大人のための本格的なデザイン学校はこちら

デジタルハリウッドDHUに関して

デジタルハリウッド大学
デジタルハリウッド大学に関して
ITビジネス・クリエイティブ・英語を総合的に学べるデジタルハリウッド大学は、文部科学省認可の四年制大学。日本で唯一デジタルコミュニケーションを学べる単科大学で、3DCGやゲーム・プログラミング、映像、グラフィックなどのデジタルコンテンツと企画・コミュニケーションの専門領域におけるクリエイティブ表現やIT技術、ビジネス手法を融合して学ぶことができます。これらの専門教育とともに、創造力の源を生み出す教養教育、国際社会で活躍するための英語力を、4年間を通して学ぶことができるのは、DHUならではの教育方針と、デジタル社会に向けた無限の可能性を求める情熱があるからでしょう。

また、この大学の理念・教育とする『産業界との連携した取り組み』にも注目です。JAXAと協働し、アジア・太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF)で利用される日本の宇宙開発技術をPRする映像制作に取り組んだり、レッドブル・ジャパン「Red Bull Can You Make It?」の映像制作ワークショップを開催するなど、官公庁や企業などから提供される様々な制作課題やプロジェクトを通して、実践的な力を養っています。

ちなみに、入学方式は、AO、自己推薦、特待生、センター試験、一般(A・B方式)など入口が広く見えるように感じますが、全体の志願倍率は4.0と競争率は非常に高いです。

学部のご紹介

DHUは日本で唯一、デジタルコミュニケーションを学べる単科大学。学ぶ領域が限定されないように、一学部一学科でデジタルコミュニケーションを横断して学べるカリキュラムが魅力。そのデジタルコンテンツをいくつかご紹介していきます。

3DCG・VFX
ゲームやアニメ、映画などに欠かせない3DCGとVFX技術を身につけます。世界トップシェアのソフト「Maya」の使い方を初歩から学んで3DCGムービーを制作。さらにVFXやプロジェクションマッピングに関しても学びます。授業内容は3DCG実習、デッサン、CG数学など。
ゲーム・プログラミング
DHUでは実践を通じてプログラミング言語やネットワーク技術を修得します。プログラミングがはじめての方でも現役エンジニアの教員が基礎から丁寧に指導しますので安心して取り組めます。プログラミングの仕組みを理解した上で複数のプログラミング言語を学習できる環境です。
映像・映画
実写映像の撮影技術だけでなく、デジタル編集やCG合成、シナリオ制作、映像演出、映像ビジネスまで多角的に学べます。映像制作の流れを基礎から修得でき、さらに3DCGなど映像に関する他領域についても学習は可能なので、表現の幅はさらに広がります。
VR/AR・メディアアート
VRやプロジェクションマッピング映像制作に必要となる3DCG技術やプログラミング、映像表現技術などを各専門領域で学び、先端テクノロジーを組み合わせたメディアアート表現を行います。授業内容は、超ファッション進化論、メディアアート、VR/ARゼミなど。

デジタルハリウッド大学についての詳細はこちら

デジタルハリウッド大学院に関して

デジタルハリウッド大学院
デジタルハリウッド大学院に関して
デジタルハリウッド大学院は、次世代のプロデューサーに必要な能力(ICT・ビジネス・クリエイティブの3分野)について学び、社会に新しい価値を生み出す社会人のための大学院です。院生の多くはデジタルハリウッド大学から学部卒業生として入ってきますが、中でもクリエイターとしての資質に優れた学部生が、大学院進学を薦められているそうです。また、業界経験問わず社会人から入学する人は、すでに実務や企業実績を持って入ってくる人が多い。

大学院の特長は7つ
【1】入学する際に業界経験は問いません。ビジネス、クリエイティブ、ICTを学びながら専門性を高められる環境。
【2】プロトタイプの制作を重視し、実効性の高いサービスやプロダクトへ昇華させる手法を学べます。
【3】私立ではトップレベルのベンチャー創出上位大学(ベンチャー起業家の創出数は国内大学の中で第11位)。
【4】約7万人の卒業生ネットワークを通じて人材募集やビジネスマッチングが可能。
【5】授業は平日夜間と土日のみのため、社会人も通いやすい環境。
【6】大学院、大学、専門スクールとの連携で、学内で企画からコンテンツ化までを実現可能。
【7】修了時はDCM修士の学位が授与(海外で修士号はパートナーとして非常に重要視されている)。

科目について

開学から10年、たえず進化し続けきたデジタルハリウッド大学院のカリキュラムをご紹介します。

科目
デジタルハリウッド大学院の科目は3つの分野(ビジネス、クリエイティブ、ICT)の融合をコンセプトに、基礎から応用までを段階的に学べる科目設定になっています。2年間で「基礎科目」「専門科目」「研究実践科目(ラボ)」という段階的なカリキュラム(※)を通して、ビジネス、クリエイティブ、ICTの3分野を体系的・効率的に習得できます。そしてこれらの学びが、2年次で取り組む「修了課題」となる実践型の研究につながっています。
※3つの科目(基礎科目、専門科目、研究実践科目)の詳細については公式HPよりご確認ください。

デジタルハリウッド大学院についての詳細はこちら

デジタルハリウッドここに注目!

デジハリ校友会に注目!
卒業生のネットワーク「デジタルハリウッド校友会」で情報交換!
1994年10月に設立してから25年以上を迎えるデジタルハリウッド校友会。約6,500人が参加する校友会では、卒業生だけでなく、在校生や教職員も参加。懇親会、ビジネスに役立つ人脈作り、ビジネス案件での協力など、会員同士の交流をWebサイトやメールマガジンなどを通してサポートしています。将来フリーで働きたい人で人脈を作りたい人にはおすすめです。

他のWebデザインスクールも見る!

デジハリの評判・口コミ!

口コミ実際の学習が上達スピードをさらに加速(20代男性)
前職はパン屋で接客をしていまして、恥ずかしながらこの業界を全く知らずでした。普段はスマホでネットサーフィンをするぐらいでしたが、あるサイトを見た時に「このデザインどうやって作っているんだろう?」と。
デジタルハリウッドに決めたのはネットで見て決めたのですが、「この業界ならデジハリの卒業生が多く活躍しているよ」と、友だちに聞いたことがきっかけでした。全くの未経験でしたのでデザインを基礎から学びたく、グラフィックデザイナー専攻にしました。
今になって凄いスクールに入ったなーと思ったのは、教えてくれる先生が現役プロの方。実際に現場で使うテクニックや業界のトレンドなどを教えてくださり、その場で実践するので上達スピードが速いです!自分でも驚いています。クラスのみんなも経験者と僕と同じ初心者が半々くらいで、入った時とレベルが違いますね。オンライン学習も可能だけど、やっぱり実際に教わると気持ちも上がりますよ。卒業後はリアルとデジタルを掛け合わせたデザイナーとして活躍したいです。
口コミWebデザイナーとしてさらに成長したい(20代女性)
求人関連の会社でWebデザイナーとして働いていますが、スキルアップ&最新スキルを会得したくてデジタルハリウッドに入学しました。ここに決めたのは会社から近かったし、私が得たい最新技術の講座があったから。
Webデザイナー専攻で、PhotoshopやIllustratorよりも簡単にサイトをつくることができる『adobeXD』を学んでます。今はまだ基礎を教わっている状態ですが、早く自分のモノにして、現場で使いたくて、もうウズウズしてます(笑)。
通ってる教室は、私と同じ社会人が多いかな。仕事は違っても目的は一緒なので、みんな真剣にやりながらも休憩時間は意外と会話が弾んでますね。メリハリがあっていいですよ。今後は今の仕事場で経験値をさらに上げつつ、狙っている資格を取得しようと考えてます。
口コミ働きたい主婦・ママが集まるスクール(30代女性)
子どもを出産後に、これからは手に職をつけた仕事がしたいと考えるようになり、友だちから「仕事と家庭を両立したいならデジハリがいいよ!」と勧められました。最初は「初めてだし、大丈夫かな…」と心配でしたが、この専門スクールには『主婦・ママクラス』があって子連れでもOKでした!クラスでは、みなさん同じ境遇のため子どもの気持ちが良くわかるから笑顔で迎えてくれましたし、ほとんどが私と同じ初心者で安心しました(ちなみにWebデザイナー専攻です)。
驚いたのは学習スタイル!教室でも自宅でも学習ができる環境にびっくりしまして、「なんて柔軟なスクールなんだ」と。経験があるなし関係なく、座学やツールの使い方から始まり、デザインから実装までをトータルに学べることも大きいと思います。
最初は、PhotosopやIllustratorでバナーや名刺を制作していましたが、今ではWebサイト制作を学習しています!これからも自分のペースでやり続けていきたいと思います。
口コミ言われているほど悪くない(20代男性)
口コミサイトや掲示板にある悪い評判をあまり信じていませんでした。入学を決めた理由は、大学から通いやすい御茶ノ水という立地と授業と時間帯が重ならないから。
Webデザイナー専攻は、社会人が多いです。自分は大学生なので、社会経験のある人から、仕事の話が聞けるのは嬉しい。
講師はフランクで話しやすい人が多いと思います。ちょっと難しいところは、講師に聞くよりも、同じ受講生に教えてもらうことが多いかな。クラスにすごく優秀な人がいて。その人と知り合えたのが、一番の収穫です。
口コミ遊び半分はNG(10代男性)
クラスメイトのなかには、なんとなく手に職でも・・・と入ってきた人もいる。とりあえずWeb習っておこうか、PhotoshopやIllustratorができると便利そうだし・・・と言う人は確実においていかれる。覚えることが多い。一般教養的な授業がないから、気を抜く時間がない。途中でやめてしまった人もいる。
授業のスピードが速いので、予習復習は必須。分からないことはその日のうちに聞いておかないと、次はもっと分からなくなる。「努力が一番」が講師の口ぐせ。やる気のある人とそうでない人との差が激しい。
口コミ接客業から転職(20代女性)
転職のため求人雑誌を見ていると、Web系の仕事が多いんです。未経験者でも可という募集もありますが、応募して採用されたことはありません…。
Web系募集は、PhotoshopやIllustrator、JavaScriptあたりの基本操作が必須になっている場合が多く、もともと理系だったこともあり、思い切って、仕事を辞めて、無料体験で感じのよかったデジハリに入りました。ただし、デジハリだけだと不安なので、ハローワーク職業訓練校のWeb講座も受講しています。デジハリの講座は職業訓練校のWeb講座と重なることも多いですが、それが逆に知識の定着になってよかったです。

デジタルハリウッド口コミの総評

人脈の広さが魅力のデジハリ
Web創世記にできた専門学校。卒業生が多く、デジタル業界に大きな人脈があるのが魅力です。常に4,000人の受講生を抱えるマンモス専門学校では、IT・コンテンツ業界に独自の企業ネットワークと9万人を超える卒業生ネットワークを持っていることが最大の強みと言えるでしょう。その広く太いコネクションによって高い就職率91.7%を実現しています(過去実績)。
特に就職面では早い段階で力を入れています。
企業の採用担当者に向けてプレゼンテーションができる、デジハリの伝統的イベント『クリエイターズオーディション(※)』。その場で自身の作品を100~200社の企業に見てもらえるので。受講生にとっては大きなチャンスです。(※各コースの優秀作品のみ選出)

また、バナー制作専門のクラウドソーシングサービス企業のクリエイターズマッチ社と提携した講座では、在学中から仕事が始められることも大きなチャンス。作品が気に入ってもらえば、卒業後はそのまま就職…という可能性もあるかもしれません。他にも企業と連携したインターンシップや、企業の担当者が講師となって現場の仕事を就業体験できる企業ゼミなど、こうした早い段階の準備と企業とのつながり(チャンス)を活かすことができるのも、デジハリならではと思います。

他のWebデザインスクールも見る!

オススメの記事

商空間デザインデザインが学べる
空間デザインを学ぶ!おススメ専門学校

PR 東京デザインプレックス研究所

webデザイナー
デザイナーになるために必要な資格やスキルは?
プロアスリート
デザイナーとは?デザイン系仕事の種類

このページの先頭へ