ゲームデザイナーとして働く上で注意しておくべきこと

ゲームデザイナーは著作権のあり方に注意

ゲームデザイナーというお仕事は、基本的にゲームについての様々なデザインを行う仕事です。キャラクターや世界観、背景やアイテム、様々なところにデザイナーが必要となります。

注意アイコンやただの矢印ひとつとっても、デザイナーがそのゲームの世界観を表すために配慮し、様々なデザインを行うのです。注意したいのはこの仕事の場合は中には分業制をとっているところもあり、背景のデザインやアイテムデザインなど、比較的細かめに分かれているところもあるということです。

中にはゲームの知識だけではなく、プレイヤーに使いやすいようにするためのユーザーインターフェースの知識なども必要となるケースもあり、注意して学習したいものです。

このようにゲームデザイナーとなる場合、いくつかの注意事項があります。そのひとつが著作権です。これは、何かを作った際には必ず著作権という権利が発生します。例えばイラストを書くのでもCGを作るのでもキャラクターを作るのでも、著作権は発生します。

これは作ったデザイナーやグラフィッカーに基づきますが、企業でのゲーム開発の際に作ったゲームであれば、著作権は会社のものになるので、注意が必要です。また、最近は個人が作ったゲームの中身を勝手に流用し、著作権侵害を行ったデザイナーがいたりもします。

そのような行為は絶対にしないようにしましょう。学ぶ内容がとても多く幅広いゲームデザイナーですが、特に各種権利や義務についてのことも知り、その上で注意するべきことや注意したいことなどを知る必要があります。

その上で素晴らしいデザイナーになれば、人を楽しませたり感動させることができる仕事ですので、とてもやりがいも出てくるものでしょう。

大人のための本格的なデザイン学校はこちら

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ