デザインに影響を与えるピンク色の特徴について

ピンク色のイメージ|デザイン

ピンク色は、可愛らしさを感じさせるカラーですので、どちらかといえば女性向けに作られている商品やサービスによく使われています。また、恋愛の象徴として定番のカラーで、恋心といった甘い感情などを表現するときには欠かせません。そのためハート形のデザインのものには、よくピンク色が使用されています。特に淡いトーンのものは、見た人にやさしい印象を与えます。

ピンクはベージュやブラウンといった温かみのあるカラーと相性がよく、合わせるとふんわりとした柔らかな印象になります。また、同系色である赤との相性も非常に良く、二色を組み合わせて美しいグラデーションを作ることが出来たり、同色系なだけにデザインにまとまりが出ます。

ピンクを使うのに向いているサイトの特徴

ピンクというのは、相手に対して甘い印象を与える色となるので、可愛らしさや幸せをアピールするための女性向けのサイトにピッタリです。例えば、可愛らしい雑貨やお洒落なコスメグッズなどを紹介するサイトや、幸せな結婚のための情報サイトなどです。ピンクを使うのに向いているサイトとしては、女性向けのサイトがメインとなりますが、男性向けのサイトで使用する場合には、アイドルを紹介するサイトといった女性の可愛らしさをアピールするためのサイトに適しています。

ピンクを使うのに向いていないサイトの特徴

ピンクを使用したサイトでは、明るくて楽しい印象となるため、コンテンツ内容が真面目なサイトで堅い印象を与えるようなサイトにしたい場合には、相手に軽い印象を与える可能性があるので、他の色を使うようにした方が良いです。ピンクを使用するのに向いていないサイトとしては、具体的には、病院などの医療機関といった清潔感を持たせたいサイトや、金融機関などの真面目で多くの信頼を集める必要のあるサイト、ホラー関係の暗い印象を与えたいサイトなどがあります。

大人のための本格的なデザイン学校はこちら

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ