アプリ開発で仕事の需要が高まるUIデザイナー

日常あふれる快適に機器を使用するために重要なUIデザイナーの仕事とは

UIデザイナーとは、ユーザーインターフェース、つまり使う人にとって使いやすいように様々なものを配置しデザインしていくお仕事です。このデザイナーの場合は、様々なものが対象になります。

Web、ゲーム、アプリ、電子機器、家電など、様々なところにUIという考え方は存在し、また様々なことに配慮されています。また、ここで言う様々な人、というのは、五体満足な人ばかりとは限らず、例えば視覚障害や聴覚障害を持つ人にも分かりやすい、ということが仕事の際に配慮することとなるのです。

それとは別に、デザイナーとしてUIをかっこいいものにするのも仕事です。その世界の世界観を表したものは、特にゲームや娯楽のジャンルで、その世界に入るための導入部としてとても重要なものになっています。

UIデザイナーの場合は、まずどのようなものをデザインするのかによっても変わってきます。Webにまつわる仕事の場合はブラウザ上で何ができて何ができないか、何に配慮する必要があるのかを知るところから始め、デザインに取り組みます。

ゲームの場合はどこからデザインするのかを考え、ゲームセンターなどに配置されるゲームの場合はUIに世界観を幅広く取り入れ、ボタンひとつにも拘る必要があります。この仕事の場合、気をつけることはまずは何ができて何ができるか、ということが第一です。

デザイナーとしてこのようなことがしたい、という希望を持つのはもちろん、その希望が果たしてそのUIにどのくらい影響するか、より使いやすくなるか、などを配慮し、設計していく必要があるのです。

仕事内容としては頭をつかうものですが、デザイナーとしてのやりがいもひとしおです。また、時代とともに求められるUIも変わってくるため、トレンドを掴むこともデザイナーの仕事のひとつとされています。

働く社会人のための本格的なデザインスクールはこちら

    

このページの先頭へ